ストーリーの構成文化財一覧表

 文化庁が新たに創設した制度「日本遺産」に明和町が申請した「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」が平成27年4月24日に認定されました。

 日本遺産とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定するとともに、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外に発信することにより、地域の活性化を図る制度です。

ストーリーの構成文化財一覧表

1.斎宮跡(さいくうあと)

 天皇に代わり伊勢神宮に仕えた皇女・斎王の宮殿と斎宮寮と呼ばれた役所の跡。古代から中世にかけて660年間続いた。
 斎宮での斎王の暮らしは、神への祈りをささげる日々を送るとともに都さながらの雅やかな生活を送っていた。

2.斎宮跡出土品(さいくうあとしゅつどひん)(斎宮歴史博物館蔵)

 出土品2,661点が指定されている。蹄脚硯や緑釉陶器、和鏡、羊形硯の出土により、これまで文献や地名からしか推定されていなかった斎宮の存在が現実的なものとなった。これらの出土品により斎宮では、神に仕える神聖かつ慎ましやかな生活と都さながらの雅やかな生活とが交錯する日々であったことが読み取れる。

3.斎王の森(さいおうのもり)

 斎王の宮殿があったと語り継がれ、斎宮のシンボル的な森として地元の人々により守られてきた。

4.竹神社(野々宮)(たけじんじゃ ののみや)

 斎王の宮殿があった神聖な場所が人々の信仰の場(神社)として受け継がれ、現在も祈りの空間を感じられる。

5.祓川(はらいがわ)

 祓川は、聖なる神領の入口に流れる川。斎王の斎宮への旅立ちは、200人余りの官人、女官等を連れて5泊6日かけて群行する。斎王にとっては、神に近づく禊祓の旅でもあり、この川で最後の禊を行って斎宮に赴任した。

6.竹川の花園(たけがわのはなぞの)

 

 『源氏物語』の竹河の段の歌に登場し、伝承では、ここに四季の花が植えられていたとされ、斎王も花園に来て花を楽しまれていた景勝地

7.隆子女王の墓(たかこじょおうのはか)

 斎宮で亡くなった斎王、隆子女王の墓。隆子女王は醍醐天皇の孫女。宮内庁が管理を行い、清楚な雰囲気が漂う。

8.斎王尾野湊御禊場跡(さいおうおののみなとおんみそぎばあと)

 尾野湊とは大淀海岸の古名。斎王が毎年9月に伊勢神宮で行われる「神嘗祭」に奉仕するため、8月晦日、禊を行って身を清めた場所といわれている。

9.大淀(おおよど)

倭姫命が天照大神の鎮座場所を探し求め、この地にたどり着き命名
古代の多くの歌に「枕詞」として使われた景勝地

10.業平松(なりひらまつ)

 斎王が伊勢に来た在原業平をこの松の下で見送り、別れを惜しみ、歌を詠み交わしたという物語に因んで業平松と呼ぶ。現在3代目
 斎王のはかない恋物語の舞台となった風景が思い起こされる。

11.佐々夫江行宮跡(ささふえあんぐうあと)

 伝説の初代斎王・豊鍬入姫命の後を継ぎ、天照大神の御杖代として各地を巡幸した倭姫命が、伊勢の地に入られ、大淀に御船をとどめて造った宮跡

12.カケチカラ発祥の地(かけちからはっしょうのち)

 斎王・倭姫命と真名鶴伝説が由来。神嘗祭に初穂の稲束を伊勢神宮の内玉垣に懸け、国の永遠の繁栄を祈る懸税(カケチカラ)行事の発祥の地

関連リンク

日本遺産パンフレット(PDF:1.4MB)

お問い合わせ
斎宮跡・文化観光課 文化財係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7126
ファックス:0596-52-7133

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。