国民健康保険とは

 国民健康保険とは、会社などの健康保険に加入していない方が、病気やケガで多額の医療費を負担しなければならないとき、お互いが助け合うために、ふだんから所得や加入者数などに応じた保険税を出し合い、国も補助して医療費の負担を軽くするためにできた制度です。

子どもが生まれた時や就職した時、退職した時、死亡した時などは、手続きが必要です。
 職場の医療保険(健康保険、共済組合、船員保険など)に加入しているか、生活保護を受けている方以外は、すべての方が加入しなければなりません。

 

国民健康保険に加入される場合

以下の書類をお持ちください

  1. 印鑑(スタンプ印以外)
  2. 年金手帳(60歳未満の方)
  3. 喪失(退職)した日のわかる書類(資格喪失証明書、離職票など)
  4. 通帳・お届印(国民健康保険税、国民年金保険料を口座から引き落としされる場合)
  5. 窓口に来られる方の身分の分かるもの(運転免許証などの顔写真付きの証明もしくは保険証、年金手帳などの証明2点)
  6. 世帯主様のマイナンバーのわかるもの(原本)
  7. 国民健康保険に加入される方のマイナンバーのわかるもの(原本)

国民健康保険を脱退される場合

以下の書類をお持ちください

  1. 印鑑(スタンプ印以外)
  2. 国民健康保険証
  3. お勤め先の健康保険証
  4. 窓口に来られる方の身分の分かるもの(運転免許証などの顔写真付きの証明もしくは保険証、年金手帳などの証明2点)
  5. 世帯主様のマイナンバーのわかるもの(原本)
  6. 国民健康保険を喪失される方のマイナンバーのわかるもの(原本)

交通事故等による国民健康保険の使用について

交通事故など、第三者の行為によってケガをした場合でも、国保で医療が受けられます。国保で医療を受けようとするときは、必ず国保の担当窓口に届け出てください。

医療費は加害者が負担します

交通事故などで傷害を受けた場合、その医療費は原則として加害者が負担すべきものです。したがって保険診療した場合医療費は、国保が一時立て替えて支払い、のちに国保がその医療費を加害者に請求することになります。

届け出に必要な書類

・ 第三者行為による被害届
・ 交通事故証明書など

 

様式のダウンロードは「三重県国民健康保険団体連合会」のホームページから出来ます。

三重県国民健康保険団体連合会ホームページ

お問い合わせ
福祉ほけん課 保険年金係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7116
ファックス:0596-52-7137

お問い合わせはこちらから