明和町職員の懲戒処分について

明和町職員による酒気帯び運転があり、当該職員に対し下記のとおり懲戒処分を行いましたので公表いたします。

 

交通法規の遵守や飲酒運転の防止について、常々、注意喚起をしてきたところですが、本町職員が酒気帯び運転で刑事処分を受けたことは、誠に遺憾であり、町政に対する町民の皆様の信頼を裏切る結果をまねき、心よりお詫び申し上げます。

今後は、このような事態を再び起こさないよう、服務規律の遵守のための取組みを徹底し、職員一丸となって、町民の皆様の信頼の回復に努めてまいります。

平成29年9月11日

 

明和町長 中井 幸充

 

1 被処分者 税務課職員 主査 (52歳)

2 処分年月日 平成29年 9月11日

3 処分内容 停職5か月(地方公務員法第29条第1項第1号及び第3号)

4 事件の概要

当該職員は、平成29年7月29日に松阪市内に自家用車で向かい、松阪駅前駐車場に駐車後、市内の飲食店において、午後9時頃から午後11時頃まで飲酒をしました。その後、自家用車に戻り車内で睡眠をとったあと、翌日(平成29年7月30日)午前4時30分頃、自宅に向けて運転を開始したところ、松阪市内宮町交差点付近で警ら中の松阪警察署員に停止を命じられ、呼気検査を受けました。検査の結果、基準値以上のアルコールが検知されたため、午前5時20分に酒気帯び運転の告知を受けました。

その後、8月23日に松阪簡易裁判所において、道路交通法違反として、罰金30万円の略式命令に処されたものです。

お問い合わせ
総務課 総務係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7111
ファックス:0596-52-7133

お問い合わせはこちらから