伝説の時代の斎王

伝説と歴史が伝える斎王の数は74名。
このコーナーでは、各斎王の名前、概略、卜定された年、年齢などを一覧表でご紹介します。
それぞれの斎王のデータの向こうに、絡み合う歴史の流れが見えてくるでしょうか…。

伝説の時代の斎王

伝説の時代の斎王
斎王名
(読み方)
概略 天皇名 続柄 卜定年
西暦
(年齢)
退下年
西暦
(年齢)
在任
期間
豊鍬入姫命
(とよすきいりひめ)
父: 崇神天皇
母: 遠津年魚眼妙媛
垂仁天皇の異母姉妹で、垂仁天皇とともに皇位継承者の候補にあげられた豊城入彦の同母妹。
宮中に祀られていた天照大神を大和笠縫邑で祀る。
崇神58年(紀元前40年)ごろ、老衰により退下。
崇神
垂仁
皇女 崇神6年
B.C.92年
崇神58年
B.C.40年頃
53年
倭姫命
(やまとひめ)
父: 垂仁天皇
母: 丹波道主王の女、日葉酢媛命。
垂仁天皇皇女。
豊鍬入姫命より、御杖代の役目を引き継ぎ、天照大神の鎮座される地を求めて各地を巡幸し、伊勢に至った斎王。
ヤマトタケルノミコトの叔母にあたり、東征に赴く途中、伊勢神宮を訪ねたヤマトタケルに草薙剣を手渡した。
垂仁
景行
皇女 崇神58年
B.C.40年
不明 不明
五百野皇女
(いおの)
父: 景行天皇
母: 三尾氏磐城別の妹、水歯郎媛
ヤマトタケルノミコトの姉。別名、久須姫(くすひめ)
明和斎宮へ来た最初の斎王といわれる。
伊勢で死亡と伝えられ、三重県安芸郡美里村五百野に「景行天皇皇女久須姫命之古墳」の碑が残る。
三重県志摩郡浜島町南張の楠御前八柱神社も景行天皇皇女久須姫を祀る。この地で生涯を閉じたという伝説あり。
景行 皇女 景行20年
A.D.90年
不明 不明
伊和志真皇女
(いわしま)
『斎宮記』、『二所太神宮例文』に名前のみ記されているが、実在した斎王かどうかは確認できない。 仲哀 皇女 雄略3年
以前
不明 不明
稚足姫皇女
(わかたらしひめ)
父: 雄略天皇
母: 葛城圓大臣の女、韓姫
雄略天皇の皇女。
別名:栲幡皇女(たくはたのひめみこ)
清寧天皇の同母兄妹。湯人の廬城部連武彦との関係を疑われ、身の潔白を証明するため自殺。無罪とわかる。
雄略 皇女 不明 不明 不明
清寧・顕宗・仁賢・武烈天皇の時代、斎王の記録なし
荳角皇女
(ささげ)
父: 継体天皇
母: 息長真手王の女、麻績娘子
近江の息長系の皇女。
継体 皇女 不明 不明 不明
安閑・宣化天皇の時代、斎王の記録なし
継体天皇前後で王朝の交代があったと考える説あり、また、継体天皇の後に即位したのは欽明天皇で、それを認めない勢力が欽明天皇即位の2年後に安閑天皇、次いで宣化天皇を擁立したとする説が有力。
磐隅皇女
(いわくま)
父: 欽明天皇
母: 蘇我大臣稲目宿禰の女、堅塩媛
用明天皇の妹。推古天皇の同母姉。
別名:夢皇女
伊勢ではなく三輪山の麓で日神を祀っていたと考えられている。推古天皇の同母妹。
異母兄弟茨木(茨城)皇子に姦されて解任。
欽明 皇女 不明 不明 不明
莬道皇女
(うじ)
父: 敏達天皇
母: 息長真手王の女、廣姫
用明天皇の妹。推古天皇の同母姉。
息長系を母系とする皇女。池辺皇子に姦されて解任される。
菟道磯津貝皇女とも記される。(古事記では宇遅王と記す)
おそらく、三輪山のほとりで日神を祀り、伊勢へは下向していないと思われる。
敏達 皇女 敏達7年
A.D.578年
不明 不明
酢香手姫皇女
(すかてひめ)
父: 用明天皇
母: 葛城直磐村の女、広子
聖徳太子の異母姉妹
用明・崇峻・推古の3代の天皇の治世にわたる斎王。おそらく磐余か他田の三輪山の麓、あるいは檜原神社のあたりで日神を祀っていたと考えられる。
初めて「日神の祀に奉らしむ」と明記される。
『上宮正徳法王帝説』では「次須加氏古女王」として聖徳太子兄弟7人の中に数えられる。
※在任期間については用明元年(586)~推古30年(622)の37年間とする説がある。
用明~推古 皇女 敏達14年
A.D.585年
推古33年
625年
約41

他の時代の斎王

飛鳥時代の斎王

奈良時代の斎王

平安時代の斎王その1

平安時代の斎王その2

平安時代の斎王その3

鎌倉時代、南北朝時代の斎王

お問い合わせ
斎宮跡・文化観光課 文化財係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7126
ファックス:0596-52-7133

お問い合わせはこちらから