2節 将来の望ましい環境像

明和町には、祓川、笹笛川、大堀川の3河川が南北に流れ、北部の海岸線へと続いています。まちの南部にはその水源となる丘陵地帯があり、中央部から北部には豊かな水の恩恵を受けて広大な田園風景が広がっています。

この地域は、古くから農業を中心として栄え、人間と自然が共に暮らしてきた空間で、里山や田園などの身近な自然が多く残されていることが特徴だといえます。町民や小中学生に行ったアンケート調査では、守るべき環境として、きれいな水、きれいな空気、田園風景、山林、河川、海岸など、豊かな自然が支持されています。


上空から見た明和町

上空から見た明和町の写真

 

 

きれいな水、さわやかな空気、豊かな大地の中で、安心して暮らせるまち

この優れた環境を守っていくため、農地や里山などの自然は無秩序な開発から保全しつつ、人間と自然が共生する場を適正に維持していく必要があります。そのためには、不法投棄やごみのポイ捨てなど今ある問題は将来に残さず、人口増加に伴い予想される生活排水や廃棄物の増加などについては、未然防止の考えで取り組んでいかなければなりません。そして、私たちの活動により発生する環境負荷を自然界の許容範囲内にとどめ、持続的発展が可能な社会を町民・事業者・町のパートナーシップのもとに形成していく必要があります。

そこで、将来にわたって良い環境が継承され、だれもが快適に暮らせるまちを目指し、「きれいな水 さわやかな空気 豊かな大地の中で 安心して暮らせるまち」を将来の望ましい環境像として掲げます。

お問い合わせ
生活環境課 環境係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7117
ファックス:0596-52-7137

お問い合わせはこちらから