4.地球環境保全の推進

地球規模の環境問題は、地球温暖化以外にも、酸性雨、オゾン層の破壊、砂漠化の進行など、人の活動が直接または間接的に影響しています。これらの現象は、過度な資源の採取、自然の循環の中で吸収・分解できない物質の放出などの環境負荷が原因となっています。

これらの環境問題は、科学技術の進歩のみでは解決できず、一人ひとりが問題解決に向けた意識と知識を身につけ、環境に配慮した取り組みを進めていくことが求められています。

日本の各地点における降水のpH

日本の各地点における降水のpH

資料:環境庁酸性雨対策第三次調査(平成5年度〜平成9年度)

町の施策

オゾン層の保護

オゾン層破壊の現状や影響を周知し、フロン類等のオゾン層破壊物質の適正な回収・処理を促進します。

酸性雨の防止

関係機関と連携し、自動車や工場からの排出ガス対策を推進します。また、酸性雨調査結果の公表や町民参加による調査の実施など、啓発を行います。

健全な水循環の確保

雨水利用の促進や雨水浸透機能の確保など、健全な水循環が行われるようつとめます。なお、地下水の豊富な本町では、水に対する危機意識が低いと考えられるため、地下水の監視を継続的に実施するとともに、水質の問題や飲用井戸の衛生対策などの啓発を行います。

その他地球環境の保全

森林の減少、野生生物種の減少、砂漠化の進行などに関する情報提供と防止に関する啓発を行います。

南極域上空オゾンホールの推移

1979年10月の月平均オゾン全量の南半球分布画像

1979年10月

2002年10月の月平均オゾン全量の南半球分布画像

2002年10月

(1979年10月、2002年10月の月平均オゾン全量の南半球分布)

m atm-cm:オゾン全量を表す単位。オゾン全量とは、大気の鉛直気柱に含まれるオゾン量をいい、300m atm-cmは、この気柱の中の全てのオゾンを0℃1気圧に圧縮したとき、3mmの厚さに相当する。

資料:オゾン層を守ろう(環境省)

町民の環境配慮指針

  • フロン類の適正な回収に協力しましょう
  • ノンフロン製品を選びましょう
  • 雨水や風呂の残り湯などを有効に利用しましょう
  • 雨水浸透ますや雨水貯留タンクを設置しましょう
  • 古紙の回収、再生紙の利用を心がけましょう

事業者の環境配慮指針

  • フロン類の適正な回収・処理につとめましょう
  • ノンフロン製品の製造や販売につとめましょう
  • 雨水や中水利用につとめましょう
  • 雨水浸透ますや雨水貯留タンクを設置しましょう
  • 非舗装面積の確保につとめましょう
  • 熱帯木材の使用を抑制し、間伐材の利用につとめましょう
  • 古紙の回収、再生紙の利用を心がけましょう

オゾン層破壊による有害な紫外線の影響を表す画像

お問い合わせ
生活環境課 環境係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7117
ファックス:0596-52-7137

お問い合わせはこちらから