1節 計画を推進する社会づくり

町民・事業者・町が一体となって環境問題に取り組むためには、地域社会の環境に関する現状と課題を認識し、何をすべきか考える必要があります。町民や事業者を対象としたアンケート調査では、環境問題に関する知識や興味は比較的高く、ごみや水質などの身近な環境問題に対する取り組みを行っているとの回答が多く見られました。しかし、環境保全活動への参加意欲などは低くなっており、地域レベルでの活動を促進することが課題となります。

このため、環境教育・環境学習を実施して環境意識の高揚につとめるとともに、だれもが環境活動に参加できる体制を整備します。

環境教育・環境学習の推進

環境教育・環境学習の推進の図

参加体制の整備

参加体制の整備の図

1.環境教育・環境学習の推進

関心を持つ→理解する→行動する

豊富な自然環境を活用した体験学習、リサイクルセンターや再生工場の施設見学などを実施し、実体験を通じて現状を実感できる環境教育の実施につとめます。また、環境に関する講座やシンポジウムの開催、環境関連資料の充実など、幅広い層に対して環境について学ぶ機会を提供します。

環境教育・環境学習を行う人材を確保するため、ボランティア組織やNPOによる環境活動を支援するとともに、人材の育成、登録、紹介が可能なシステムを確立します。

2.参加体制の整備

環境に配慮した取り組みや環境行政への町民・事業者の参加を促すため、広報や回覧板、インターネットなどを活用し、環境情報の共有化、意見や情報の交換などを進めます。また、収集した情報はわかりやすく整理して提供します。

自治会や住民団体、事業者等による環境保全活動に対しては、活動の紹介、補助金の交付など支援を行っていきます。

町民・事業者・町が情報交換や意見交換ができる機会をつくり、三者の環境パートナーシップを形成します。また、町民参加型環境調査の実施、町民や事業者の環境行政への参画促進などにより、地域が一体となってより良い環境づくりを目指します。

お問い合わせ
生活環境課 環境係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7117
ファックス:0596-52-7137

お問い合わせはこちらから