災害への備えはできていますか?

事前に準備をして、災害に備えましょう

令和2年7月、九州地方や中部地方では集中豪雨による洪水や土砂災害が発生しており、県内でも一部被害が発生しているところもあります。

みなさんのお住まいの地域でも、いつ、災害が発生してもおかしくありません。

事前に準備をして、災害に備えましょう。

防災啓発チラシ(PDF:912.6KB)

 

「住宅の耐震化」と「家具の固定」の実施

地震対策で最も重要なのは、「住宅の耐震化」「家具の固定」です。地震災害による死者の多くは、建物の倒壊や家具の下敷きによる圧死といわれています。「自分の家は大丈夫」と判断せず、まずは、耐震診断を。明和町では、無料の木造住宅耐震診断や補強工事の補助、避難路ブロック塀の除去・改修の補助も行っていますので、ご相談ください。

「非常持ち出し品」や「備蓄品」の準備

いざというときのために、日ごろから避難に必要なものを整理しておきましょう。非常持ち出し品はすぐに持ち出せるように準備し、備蓄品は十分な量をストックしておきましょう。また、風呂の残り湯は捨てずに溜めておくと、水洗トイレの雑用水や消火用水など、飲用以外の生活用水として有効に活用できます。何が必要か自分で考え、ご家族で話し合いましょう。

なお、「非常持ち出し品」や「備蓄品」の例を「明和町防災マップ2020」に掲載しています。

「明和町防災マップ2020(ハザードマップ)」の確認

津波や河川洪水の浸水区域など、自宅や勤務先周辺の状況を知っておきましょう。何分で避難場所まで行けるか、避難経路に危険はないか、実際に歩いて点検しましょう。
避難場所や避難経路の確認は、「明和町防災マップ2020」巻末の各種ハザードマップをご確認ください。

「明和町防災マップ2020」ホームページにも掲載しています。

お問い合わせ
総務防災課 防災防犯係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7110
ファックス:0596-52-7133

お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。