防災情報について

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

平成30年7月に西日本で起こった豪雨災害を契機に、国は避難対策の強化を検討し、平成31年3月に避難勧告に関するガイドラインを改定し、「警戒レベル」が導入されました。


警戒レベルとは、住民等が情報の意味を直感的に理解し、とるべき行動が明確にわかるよう、防災情報を5段階の警戒レベルにより分類したものです。

 

【警戒レベル3】は高齢者等の避難開始

【警戒レベル4】は全員避難

【警戒レベル5】は、すでに災害が発生している場合に発せられる情報で、命を守る最善の行動を促します。


また、住民自らが行動をとる際の判断の参考になる情報として、指定河川洪水予報、河川の水位情報、大雨警報、土砂災害警戒情報、土砂災害危険度分布等については、警戒レベル相当情報として提供されます。

詳しくは、内閣府防災情報のページをご確認ください。