宇爾櫻神社天王踊

宇爾桜神社天王踊(宇爾桜神社かんこ踊り)

三重県多気郡明和町宇爾櫻神社の天王祭(例祭)で奉納される「天王踊」。疫病追放、五穀豊穣、氏子安全などを願って行われる。別名「有爾中かんこ踊り」ともいわれている。 起源は江戸時代の中頃とされるが、伝え聞くところによれば、練習風景を見せず、、書き物をせず、口伝えのみで受け継がれてきたため、近世以前の資料は残されていない。 明治41年の神社合祀以降中断されていたが、地区に残されている関係資料には、「宇示中青年團復興第一回天王踊昭和十二年度」と記されていることから昭和12年に村人の敬神の熱意から復活している。その後、踊りが年々盛大となり、昭和31年には伊勢神宮へ奉納。しかし昭和35年には踊り子不足で中止となり、昭和57年に神社が宮建ちされたのを機に22年ぶりに復活。以降、毎年行われるようになり、現在は有爾中天王踊保存会が中心となって、踊りの奉納と保存活動が行われている(平成29年は休止)。昭和60年「宇爾櫻神社かんこ踊り」として明和町の無形民俗文化財に指定されている。

 

本記録動画は、文化庁の補助(地域文化財総合活用推進事業)を得て、令和元年度に実施されたものを記録し、明和町日本遺産活用推進協議会が作成しました。

宇爾櫻神社天王踊記録動画はこちら

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
斎宮跡・文化観光課 文化財係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7126
ファックス:0596-52-7133

お問い合わせはこちらから