佐田西出天王さんのお社塔

三重県多気郡明和町佐田西出地区(上御糸地区)の天王さんのお社塔作りは、毎年7月14日の天王祭前に集落の男性全員(30世帯・30名)で行われる。女性と服喪中の人は参加しない。 お社塔を「天王さん」と呼び、お札を替えることを「天王さんを祀る」という。 西出集落の中心部で、道路と道路が交差するT字路のつきあたりに天王さんがあり、その横には文政6年(1823)の銘がある常夜灯が建っている。 この行事は天王信仰に関連するもので、西出集落は、麦ワラと竹を素材に天王さんを作り、定期的に作り直している点が特徴。 屋根は毎年新しく作り、柱は2年に一度取り替える。 天王さんは、高さ2m程で、孟宗竹4本を60cm間隔に地面に据えて柱にし、麦ワラの屋根を載せる。屋根には3本の鰹木が表現されている。高さ1.3m付近に、竹を組み合わせた棚を作って祠状にし、中に津島神社のお札を祀る。棚は割り竹を敷いて床を作り、正面は割り竹、三方は麦ワラと竹を組んで壁を作り、杉葉が飾り付けられている。 平成31年、明和町の無形民俗文化財に指定された。

本記録動画は、文化庁の補助(地域文化財総合活用推進事業)を得て、令和元年に実施されたものを記録し、明和町日本遺産活用推進協議会が作成しました。

佐田西出天王さんのお社塔の記録動画はこちらから

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ
斎宮跡・文化観光課 文化財係
〒515-0332 明和町大字馬之上945番地
電話番号:0596-52-7126
ファックス:0596-52-7133

お問い合わせはこちらから